2014年05月24日

5月24日 横浜HAインプラント研究会

スプラインHAインプラントを中心に臨床に取り入れているスタディーグループです


毎回いろいろな先生方が自分の臨床例を持ち寄り、これからの治療計画を発表し、それに対してディカッションしています。




図5.jpg




今回僕は、今まで行ったインプラント治療より口腔機能回復をここなった患者さまの治療経過、メインテナンス経過とこれからインプラント治療を行う患者さまの治療計画を発表しました。




自分の視野だけでなくいろいろな先生方の経験、症例やご意見は毎回毎回、大変勉強になります。



posted by 尾山台の歯医者等々力顕一 at 00:00| 東京 ☀| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。